MT4対応業者人気ランキング!

MT4についての説明

FX用語である『MT4』をアナタは知っていますか?
MT4h、ロシアにあるタクゥオーターズ・ソフトウェア社が開発した為替取引で使用されるフリーソフトを意味するのですが、MetaTrader4 (メタトレーダー4)と言う名で呼ばれます。

 

現在、MT4では、為替取引以外にも、FX取引の自動売買システムとして世界規模で有名で、世界中の多くの投資家に愛用されるフリーソフトとなるまでになりました。

 

MT4が日本お含めた世界中のFXの投資家たちから支持される理由は、やはりMT4の汎用性の優れた汎用性であるといえます。

 

MT4のメリットの一つに、自動売買システムに使用出来る点。
そして、もう一つのメリットといえばカスタマイズの自由度が非常に高いという部分です。

 

さらに、MT4のメリットのもう一つは、MT4の便利な機能による取引判断のシグナルとして利用が可能であること。
加えて、メリットの一つに、実際に取引をする前のシミュレーション機能としてのバックテストがあること。

 

こういった優れた点が世界中のFX投資家から支持されている大きな理由です。
MT4では、30種類を越えるテクニカル指標に基づいた分析が標準で搭載されています。

 

そして、投資判断をするためのチャートは、自分でオリジナルに作成が可能なんです。

 

MT4では、通常、ローソク足チャートだけではなく、トレンドライン、チャネルライン、一目均衡表、ボリンジャーバンド、といったチャートも搭載されていますし、MACD・RSI・ストキャスティクスというテクニカル指標も嬉しい事に標準搭載がされています。
当然、カスタマイズを施せば、自分自身のお好きなテクニカル指標も追加が可能ですから無限の可能性を秘めています。

 

メタトレーダー 初心者ガイド
メタトレーダーの設定方法はコチラを参照してください!

 

水素水の健康効果

「1000通貨取引」についての説明

1,000通貨取引とは、FX取引では欠かすことのできないワードです。

 

米ドルと円では、
米ドル/円が1ドル = 80円の時であれば、1,000通貨なら、1,000ドル(80,000円)での取引が可能です。
10,000通貨取引でしたら、10,000ドル(800,000円)の取引が可能となります。

 

裁定取引単位にはFX業者の中で違いがあり、1,000通貨取引・10,000通貨取引があり、現在では、10,000通貨取引を扱う業者の方が多いのが現状です。

 

投資経験の浅い人や、初心者の方でしたら、少額の取引で投資をして実践経験を積みたいと思うでしょうし、1,000通貨単位のリスクの低い取引をしていくと良いでしょう。

 

潤沢な資金を持たない投資家で10,000通貨取引をすると致命傷になりかねません。
そうなると今後の投資活動にも悪影響が出てくるでしょうし、オススメできません。
初心者でFX取引をしていると、スペキュレーション取引も雑になりがちですし、キケンですよね。

 

まだ、自分の投資スタイルを確立していない方であれば、まずは1,000通貨取引で慣れていくといいでしょう。
そして、中級者以上の投資家であるなら自動売買システムを使用して10,000通貨取引、100,000通貨取引ともなれば、やはりリスクはその分大きなものになりますし、1,000通貨取引をしながらゆっくりと取引額を増やしていった方が無難です。

 

スペキュレーション取引&自動売買システムのコンビで投資をしている時、または、複数のシステムを使用しながら投資している時などでは、やはり1,000通貨単位でリスクを抑えておく方が良いと思います。

 

ちなみに、1,000通貨単位を提供しているFX業者は手数料が無料ですのでご安心を。